京阪さい帯血バンクへ寄付

6月通常例会にて「京阪さい帯血バンク」の賛助会員となることが決まり、援助金を送りました。(3年継続事業)
※母親と胎児を結ぶ「さい帯(へその緒)」と、胎盤の中に含まれる血液をさい帯血といいます。通常の出産の場合には出産後、不要となるもですが、その中には骨髄と同じように血液細胞を作り出す「造血幹細胞」が多く含まれている為に白血病の患者に移植し治療に役立てることができます。この為にさい帯血の保存と提供を行うのがさい帯血バンクです。

関連記事

  1. きずな育英基金 代表理事 山田康男先生 卓話
  2. チャリティーランチコンサート&バザー開催
  3. 茨木高等学校訪問
  4. 東京国際フォーラム令和5年年次贈呈式参加
  5. 第46回日本語スピーチコンテスト
  6. SI St-Albansからの訪問者接待 報告
  7. 第45回 中学生の主張
  8. 日本中央リジョン ソロプチミスト ユース・フォーラム in 京都
  9. 第22回 国際大会 報告
  10. 第44回中学生の主張