京阪さい帯血バンクへ寄付

6月通常例会にて「京阪さい帯血バンク」の賛助会員となることが決まり、援助金を送りました。(3年継続事業)
※母親と胎児を結ぶ「さい帯(へその緒)」と、胎盤の中に含まれる血液をさい帯血といいます。通常の出産の場合には出産後、不要となるもですが、その中には骨髄と同じように血液細胞を作り出す「造血幹細胞」が多く含まれている為に白血病の患者に移植し治療に役立てることができます。この為にさい帯血の保存と提供を行うのがさい帯血バンクです。

関連記事

  1. クラブ・ギビング
  2. 歳末助け合いに協力
  3. 大学院女子学生奨学金受給者生講話
  4. 卓話「私とデフリンピック」
  5. 第42回中学生の主張
  6. 例会写真
  7. 「コロナ対策医療支援金」に寄付
  8. 2020年 国際ソロプチミスト大阪は認証50周年を迎え、記念として以下の事業を行いました。
  9. 2019年度リジョナルプロジェクト選出されました
  10. 2019年度2月委員会活動「卓話」